dha サプリメント 副作用

dhaの過剰摂取には注意が必要!?サプリメントの副作用

dhaのサプリメントを飲んでいるという人は健康に気をつけているという人が多いと思います。dhaは確かに健康維持には欠かせない栄養成分ではありますが、過剰摂取することで副作用が起こることがあります。特にサプリメントからdhaを摂取している場合は過剰摂取を起こしてしまうこともあるので、用法用量をしっかりと守ることが大切です。

 

dhaの理想的な摂取量とは

dhaは脂肪燃焼や老化防止、血液をさらさらにする働きをする健康成分で知られている必須脂肪酸です。厚生労働省は1日あたりに1000mgのdhaとepaの摂取を推奨しています。この1000mgという量は魚で考えると大きめの切り身一切れ分に相当します。

 

上限についてはというと、

極端な大量摂取による健康障害の懸念はあるものの、人におけるエビデンスは十分ではない。そのため、目標量(上限)は算定しなかった。

P88 表2 望ましいDHA,EPA摂取量(g/日)および本文から引用

 

と厚生労働省の資料では記載されています。
ただし、何事もほどほどが大切なため、毎日の食生活の中でdhaを意識して魚をよく食べながらも、サプリメントからもdhaを摂取しているという人は、合計で1000r摂取できていれば十分かと思います。

 

dhaの過剰摂取で起こりうる副作用

dhaの過剰摂取で起こるとされている副作用の症状は、下痢や吐き気、血がサラサラになりすぎて鼻血、出血が止まらない、さらにサラサラ効果で血圧が下がりすぎるなどです。

 

持病があったり薬を服用している人は、dhaのサプリメントを飲むという時には注意が必要になります。特に血圧を下げる薬や血液凝固阻止剤を服用しているという人は注意が必要で、dhaなどのサプリメントを摂取したい時は医師に確認するようにしましょう。

 

先にもお話しましたが、dhaは血液をさらさらにする働きがあり、血流を良くしたり血圧を下げる力があります。血圧を下げる薬や血液凝固阻止剤を服用している場合は薬との相乗効果で血圧が下がりすぎてしまったり、出血が止まらなくなってしまう場合があるのです。

 

dhaの過剰摂取による副作用のうち「下痢」「吐き気」は、まだ科学的には原因がはっきりとしていませんが消化不良を起こしている可能性があるとされています。

 

DHAサプリメントの副作用を起こさないために

dhaは必須脂肪酸なので摂取していかなくてはならない栄養成分です。dhaの摂取の手段は主に食事からかサプリメントからになります。健康成分だからといって摂取しすぎると、副作用が出てしまう場合があるのです。dhaはバランスよく摂り入れていくことが大切です。

 

dha サプリメント 副作用